イナズマイレブンマジンザハンド 。." />

マダラ 万華鏡写輪眼

発行者: 02.09.2021

うちは一家 うちはいっか. チャクラ量も多く、里設立前の柱間との戦いでは柱間と24時間戦い続けている [54] NARUTO 65巻 話 。死の直前、輪廻眼を開眼した後に外道魔像を口寄せしている [55] NARUTO 63巻 話 。.

そんなオビトを闇に堕とすため、リンをオビトの目の前で死なせる計画を立てた。リンの死を目の当たりにしたオビトは、この世は地獄だと悟り [29] NARUTO 63巻 話 、マダラの月の眼計画に協力すると決めた [30] NARUTO 63巻 話 。このリンの死がマダラの策略によるものだとオビトが知るのはだいぶ後になってからである [31] NARUTO 70巻 話 デコともメール 開けない. 好戦的、野心家 [1] 陣の書 59ページ. 終末の谷の戦い 1. うちは一族には、長に代々受け継がれる軍配があり [62] 陣の書 ページ 、マダラはこの軍配も使用した。この軍配では、うちは返しで相手の術を跳ね返すことができる [63] NARUTO 63巻 ランク 8 エクシーズ 一覧 。攻撃にも優れ、神樹のツタを切断している [64] NARUTO 67巻 話 。.

里抜けの後、写輪眼で九尾を操って木ノ葉を襲撃し、柱間と戦った。戦いの末、マダラは敗れた。「里に仇なすものは友であろうが兄弟であろうが我が子であろうが許さん」と言ってトドメを刺してきた柱間に、「本末転倒だな。それが里の闇になる」と言い残し、死んだ [22] NARUTO 65巻 話 。. マダラの作った地下通路に一人の忍が倒れていた。 うちはオビト である。体の半分が潰れていたオビトに柱間細胞を移植して救い、月の眼計画について語った。オビトはマダラに協力する気はさらさらなく、一刻も早くカカシとリンの元へ帰ろうとしていた [28] NARUTO 63巻 話 。.

[57] NARUTO 59. [] NARUTO 69 [] NARUTO 70 [] NARUTO 62 [] NARUTO 69. [12] NARUTO 65 [13] NARUTO 65 .

  • 輪廻眼を得たことによって、外道魔像を口寄せできるようになったマダラは外道魔像で柱間の身体の一部を培養し、そこからチャクラを供給し続けて地下で生き永らえていた [26] NARUTO 71巻 話 。.
  • 穢土転生のマダラは カブト による柱間細胞移植によって柱間と同じレベルの木遁忍術を使えるようになっており [68] NARUTO 64巻 話 、九尾からチャクラを受け取ったナルトの大玉螺旋大連丸と相打ちの樹界降誕、他にも果樹界降臨 [69] NARUTO 60巻 話 、木遁分身 [70] NARUTO 61巻 話 、木龍 [71] NARUTO 63巻 話 を使用した。柱間細胞を通じて、十尾をある程度コントロールすることもできた [72] NARUTO 64巻 話 。十尾の人柱力となってからは陰遁や嵐遁の術を使用した [73] NARUTO 70巻 話 。陰陽陰では白ゼツを強化したり、黒き受信器を扱って 柱間 [74] NARUTO 68巻 話 や 扉間 [75] NARUTO 69巻 話 の動きを封じた。. うちはカガミ うちはかがみ.

インドラの転生者ということもあり [50] NARUTO 70巻 話 、マダラは生まれながらにとても強いチャクラを持っていた [51] NARUTO 43巻 話 。九尾 [52] NARUTO 34巻 話 や扉間 [53] NARUTO 65巻 話 からもチャクラを記憶されている。. 木ノ葉隠れ 創設時の うちは一族 の長。 第一部ではイメージや名前、伝説として語られる程度の存在で、長い間その正体は謎に包まれていた。本格的な登場は第二部の戦争編から。 戦乱のなかで 万華鏡写輪眼 、さらには弟 うちはイズナ の眼を譲られ「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れ、死の直前には瞳術の究極系である 輪廻眼 にも開眼している。 六道仙人 の二人の息子の内、兄・ 大筒木インドラ の転生体。 そして彼の次の代の転生体、インドラのチャクラを継承した存在が、作中の 第二の主人公 にあたる サスケ である。. オビトに月の眼計画の詳細と陰陽遁、六道仙人と十尾について教えた後、自らの意志を入れた黒ゼツをオビトに与え、「今日からお前がうちはマダラだ」とオビトに自分が生き返るまでの全てを託し、外道魔像からチャクラを供給するために繋がっていた柱間細胞を千切って絶命した [32] NARUTO 63巻 話 。.

時は流れ、第四次忍界大戦中に生き返った。しかし、当初の計画とは違い、長門による輪廻転生の術でなく 薬師カブト の 穢土転生の術 によってである [33] NARUTO 59巻 話 。こんな形で復活させられたことに不満を漏らしつつ、忍連合を相手に戦った [34] NARUTO 59巻 話 。. 少年時代、お互いの姓がバレて 柱間 と友情が決裂した時に写輪眼を開眼した。生前、他のうちはの者よりも瞳力が強く、柱間の木遁分身を見分けられるのはマダラだけだった [78] NARUTO 61巻 話 。写輪眼の見切り能力によって体術も非常に優れており、穢土転生での復活直後は主に体術によって忍連合を翻弄した [79] NARUTO 59巻 話 。生前最後の柱間との戦いに負けた後、右目を犠牲にした瞳術・イザナギによって現実を書き換えて復活した [80] NARUTO 71巻 話 。. うちは一族 うちはいちぞく. イャンクック 部位破壊 2g [39] NARUTO 69巻 話 自然なしぐさ イラストポーズ集 [40] NARUTO 70巻 話 、大筒木カグヤの媒体となった [41] NARUTO 70巻 話 。.

"" 4. [60] NARUTO 63 [61] NARUTO 59. [35] NARUTO 63 [36] NARUTO 66. [46] NARUTO 59 .

永遠の万華鏡写輪眼を持つ忍

元ネタはおそらく、北海道の先住民族・アイヌに伝わる「 カムイ 」であると思われる。 カムイとは、動植物や自然現象、人工物など、あらゆるものに宿っているとされる霊的存在のこと。神道における八百万に近いものと捉えても大凡間違いない。 ちなみに現地の発音では「カモイ」が一番近い。「カムイ」は当て字をさらに日本語読みしたものである。.

マダラは、 イズナ と共に万華鏡写輪眼を初めて開眼した忍だと認識されていた。また、その眼で九尾を手懐けた最初の男としても知られている [81] NARUTO 42巻 話 。マダラは他者の万華鏡写輪眼の能力をすぐに割り出すことができた。オビトの神威が万華鏡写輪眼の瞳術であることを即座に見抜き [82] NARUTO 69巻 話 、カカシから眼を奪った際は即座に神威を使用している [83] NARUTO 70巻 話 。. マダラの作った地下通路に一人の忍が倒れていた。 うちはオビト である。体の半分が潰れていたオビトに柱間細胞を移植して救い、月の眼計画について語った。オビトはマダラに協力する気はさらさらなく、一刻も早くカカシとリンの元へ帰ろうとしていた [28] NARUTO 63巻 話 。.

少年時代とイズナの死 1.

[50] NARUTO 70 [51] NARUTO 43 [52] NARUTO 34 [53] NARUTO 65. ……. マダラ 万華鏡写輪眼 NARUTO 59 [48] NARUTO 62 9 [49] NARUTO 69 ハラショー ラブライブ. [24] NARUTO 71 .

うちはの血塗られた歴史 永遠の万華鏡写輪眼

本当の死 2. 終末の谷での戦いで死んだマダラであったが、写輪眼の研究をしていた扉間が自分の遺体を処分しないことを見越してイザナギを仕込んでおいた。それによって死んだ現実を書き換え、復活した [24] NARUTO 71巻 話 。. 本当の死 2. イザナギによる結果の奪い合いを止めるために造られたカウンター。 対象の精神を無限ループに閉じ込め改心を促す。わかる人には「イザナミだ」で通じる。 対象が改心すれば脱出可能なため、「抜け道がある術は実戦上危険」という理由で禁術になっている。 こちらも使用後は失明する。.

柱間細胞への造詣が深い。魔像で柱間の肉を培養し柱間の人造体を作ったり、魔像から柱間細胞を介してチャクラを供給し続けて生き永らえるためのシステムを構築している [] NARUTO 63巻 話 。右半身が潰れた忍を救い、その右半身に柱間の人造体を移植するだけの医療の知識がある [] NARUTO 63巻 話 。. うちはマダラは忍の歴史上最も強い忍の一人である。戦乱の時代、うちは一族は千手一族と並ぶ忍最強の一族であり [43] NARUTO 65巻 話 、そのうちは一族の中でもマダラは最も強いと認識されていた [44] 陣の書 58ページ 。.

[] NARUTO 63 [] NARUTO 63 .

ナルトの瞳術とはなに?

うちはマダラとは、うちは一族の長であり、木ノ葉隠れの里創設者の一人 [2] NARUTO 41巻 話 。 大筒木インドラ の転生者 [3] NARUTO 71巻 話 。父はうちはタジマ [4] NARUTO 65巻 話 。弟は うちはイズナ [5] NARUTO 銀魂 最終回 神楽 話 。. 両目の万華鏡写輪眼を開眼した時、 須佐能乎 を使用できるようになった。須佐能乎は ナルト の超大玉螺旋丸 [84] NARUTO 59巻 話 やエーの体術 囚人松 NARUTO 59巻 話 にも耐える防御力を持った。マダラは両足が生えた須佐能乎を使用することもでき、その状態では 我愛羅 と守鶴の砂漠層大葬封印を無力化した [86] NARUTO 69巻 話 。.

柱間細胞への造詣が深い。魔像で柱間の肉を培養し柱間の人造体を作ったり、魔像から柱間細胞を介してチャクラを供給し続けて生き永らえるためのシステムを構築している [] NARUTO 63巻 話 。右半身が潰れた忍を救い、その右半身に柱間の人造体を移植するだけの医療の知識がある [] NARUTO 63巻 話 。.

"" マダラ 万華鏡写輪眼. [90] ロシアの名称 63 [91] NARUTO 69 [92] NARUTO 63 [93] NARUTO 59 [94] NARUTO 59 [95] NARUTO 69 [96] NARUTO 70 9 [97] NARUTO ジョンフォイノイマン 本 4 [98] NARUTO 70. [37] NARUTO 68 [38] NARUTO 69 .


Facebook
Twitter
コメント
Yuki 03.09.2021 19:55 答える

巨大な鎖、鎌、鎖鎌、分銅鎖、刀など多彩な武器を保管していた [60] NARUTO 63巻 話 。第四次忍界大戦での忍連合との戦いでは、剣術で多くの相手を倒している [61] NARUTO 59巻 話 。. 目次 [ 非表示 ].

Uta 10.09.2021 02:03 答える

木ノ葉隠れの里設立 1. うちは一族 うちはいちぞく.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 qlquest.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.