真木司郎 年齢 ガイ…これでダメなら… 行くわよ!』 ジャスミンはありったけのエスパー力をレーザーブレードに籠めた。刀身が虹色に輝く。 大『 これでダメなら…ガイ坊を倒してしまうしかない…デカイエローもただではすむまい… 』 ジャスミン『はぁぁぁ…』 ガイ『ちくしょう…ジャスミンさん!俺自身が情けない…情けないぜ…』 ジャスミンの声 『この…大馬鹿者!嘆いてないで…嘆いてないで、あなたの正義のデカ魂を燃やしなさいよっ!!』 ガイ『デカ魂…』 奇跡のスピリチュアル診断 鳳条先生 『あなたは死ぬ程忙しい地球署に志願してきたくせに!これくらいの事で諦めるつもり?地球署の私達はどんな時も、どんな状況でも決して諦めない!』 ガイ『………』 ジャスミンの声 『何よ…せっかく…好きになってあげようと思っていたのに…』 ガイ『!?』 ジャスミン『はぁぁぁ…ジャスミン…イエローフラッシュ!!』 大『オオッ!やるねぇ…』 ジャスミンとダークギャバンのレーザーブレードが交錯し、動きが止まる。 バン『ジャスミン!?』 ウメコ『ジャス…ミン?』ジャスミンの変身が解け、ゆっくり前のめりに倒れていく。 ガイはそのまま仁王立ちで呆然としたまま、レーザーブレードを下ろした。 センちゃんとテツがジャスミンを抱き抱えた。 センちゃん『ジャスミン!しっかりしろ』 ジャスミン『うう…』 テツ『…ちくしょう…ジャスミンさん…ガイ…許さない…許さないぞ』 ウメコが震えている。 ウメコ『わああああっ』 叫びながらガイに突撃するホージー『待て!ウメコ!』 ウメコ『!?』 ダークギャバンの闇のオーラが消えていく。." />

デカレンジャー バン 小説

発行者: 11.08.2021

mixiユーザー ログイン してコメントしよう!. コメント

あらすじ。 二十数年後の未来から、ホージー、センちゃん、ジャスミン、ウメコ、テツ達デカレンジャーを救う為、彼等の子供達、ニューデカレンジャーが現れた! 果たして、ニューデカレンジャー達は父や母を守り、未来を守れるのか!?. コミュ内全体 コミュニティ内全体 トピック イベント アンケート. ジャスミン「ヒカル!ヒカル!しっかり!」 ヒカル「う…茉莉さん…すいません…!?あれは…」 ジャスミン「民間人ならともかく!私を庇って戦闘不能なんて、タスクフォース失格よ!私達には仲間がいるわ」 ヒカル「そうでした…」 アブレラ「く!ポンコツのロートルどもがぁ!礼紋と、シルバーをやれ!メカ人間!」 バン「ポンコツのロートルとは言ってくれるじゃないか!エマージェンシー!デカファイヤー!」 ホージー「俺達がポンコツロートルなら、アブレラ、お前は過去の亡霊じゃないか?ベイベー。エマージェンシー!マスターブルー!」 センチャン「ポンコツロートルかどうか試してみな。エマージェンシー!マスターグリーン」 ウメコ「おばさんなんて言わせないわよ!エマージェンシー!マスターピンク!」 テツ「大ベテランの力味わってみな!エマージェンシー!マスターブレイク!」 ジャスミンとヒカルに襲い掛かるメカ人間達をバン達がカットする。 バン「行けるか!?ヒカル!」 ヒカル「バンさんに言われたら、行けないって言えないですよ!」 バン「なら、チェンジしろ!行くぜ」 ジャスミン「なるへそ…タスクフォース行きはバンに言われたのね」 ヒカル「ええ…茉莉さんの側にいなくても、守ることはできるだろうと…」 ジャスミン「あのバンがねぇ…」 バン「あのって何だ!あのって!ジャスミンもチェンジしろ!」 ウメコ「あ、忘れてた。ジャスミン!はい、これっ」 と、ウメコがジャスミンにSPライセンスを投げてよこした。 ジャスミン「え?これって…」 受け取ったSPライセンスは、アリサのものだった。 ウメコ「新型デカスーツが間に合わないみたいで、子供達のライセンスを特別に使わせてもらうことにしたの」 ジャスミン「そう…あの子のライセンスか…よし!どーんと行ってみよう!エマージェンシー!マスターイエロー!」 ヒカル「借りはきっちり利子つけて返してやる!エマージェンシー!デカシルバータスクフォース!」 バン「よし…みんな揃ったな!」 アブレラ「ふん!もうすぐきさまらは消えるのさ!超重機でな」 バン「さあアブレラ!決着をつけようぜ!」.

宇宙警察 デカレンジャー. mixiユーザー 年06月06日 ブラストバギーが大破し、マリーからの応答はない。 ボス『ケリマ!!決着をつけてやろう!スワン、デカバイクロボで出る!!』 スワン『!!無茶よ、ドゥギー!デカバイクロボじゃ勝てないわ!』 デカベースロボが大きく揺れる。 スワン『!?みんな!退避して!デカベースはもう…きゃあ』 デカベースロボがゆっくり倒れていく。 ナグルケールがデカベースロボを完全に破壊しようとした時… 烈『そうはいかんぞ!ドルレーザー!!』 崩れゆくデカベースロボの背後にドルギラン、グランドバース、バビロスが現れた。 ナグルケール『宇宙刑事!!』 ボス『烈さん!』 烈『待たせたな、ドゥギー』 電『苦戦しているな、クルーガー』 ボス『電さん!!』 大『初めまして…かな?地獄の番犬』 ボス『ええ、大さん』 倒れたデカベースロボにグランドバースから簡易修復マシンが発射され、僅かにパワーが回復し、デカベースクローラーへ変形した。伊賀電がグランドバースから飛び出すと、モトシャイアンでブラストバギーに接近する。 ドルギランとナグルケールが激しくぶつかり合う。 烈『宇宙怪獣の事は礼を言おう、ケリマよ!だがお前は銀河全体の秩序を乱す、デリート許可が下りている指名手配犯!デリートさせてもらうぜ』 ナグルケール『望むところだ、宇宙刑事ギャバン!!』 電『マリーちゃん!マリーちゃん!しっかりしろ』 マリー『…ん…うぅ…』 電『マリーちゃん!』 マリー『!?伊賀のおじ様!?』 電『久しぶり!ますます美人に磨きがかかったな、マリーちゃん』 マリー『相変わらずね、おじ様』 大破したブラストバギーから脱出したマリーがモトシャリアンに乗り込み、デカベースクローラーに向かうその時、何者かに攻撃を受ける。 電『危ない!!』 マリー『きゃあ!!』 電『あれは!?スペースモンスター!?』 マリー『コアが残っていたんだわ!』.

… …… … … … … …. … … …… … …… …. … ……… ….

イイネ! コメント.
  • ジャスミン『バン!テツ!私があいつの動きを止めるから、キツイ一発叩き込んじゃって!』 バン『おう!まかせとけ!』 テツ『頼みます!ジャスミンさん』 ジャスミンがケリマに駆けていく。 ジャスミン『行くわよ!エスパーナックル!』ジャスミンの両手が光を放つ。 ケリマ『ふん!小賢しい!』 ジャスミン『ミラージュディメンション!』 ケリマ『!?』 ジャスミンが分身し、無数のデカイエローがケリマに四方八方から襲い掛かる。 ケリマ『俺もナメられたもんだな…こんな子供騙し…』 ケリマが無数のジャスミンを超高速の蹴りで消していく。 最後のジャスミンが背後からパンチを放つ。 しかし、それを見切っていたケリマの回し蹴りが決まる…が、そのジャスミンもフッと消えた。 ケリマ『なにっ!?』 ジャスミン『エスパーナックル!』 ケリマ『ぐぅっ!?』 見えない空間からジャスミンのパンチがケリマの顔面を捕らえた。 ケリマ『ぬああああっ!おのれ!そんなパンチは効かないわ!』 四方八方に蹴りを繰り出すケリマ。 ジャスミン『ふふっ。あたなが見ている私は全て幻よ』 ケリマ『なんだと!』 ジャスミン『ミラージュディメンションで幻影を見せただけ』 ケリマ『ハハハハハ!だが残念だったな!お前のパンチなど蚊ほどもきかぬわ!』 ジャスミンがパチンと指を鳴らすと、ミラージュディメンションが解ける。 ジャスミン『あら、そうでもないわよ?バン!テツ!やっちゃって!』 ケリマ『何をバカ……な!?か、身体が!』 ケリマはジャスミンのエスパーナックルで身体が麻痺する。 ジャスミン『蚊ほどの威力のパンチの味はいかが?』 ケリマ『くっ!?』 バン『テツ!!』 テツ『よおし!ダブルブレスロットル!!アクセレーションフィスト!!』 ブレスロットルの力がブレイクの足に集中し、超加速の移動を可能にした。 テツ『ダブルブレスロットル!!ライジングフィストーッ!!』 目にも留まらぬ高速移動をしながら、ライジングフィストを浴びせるテツ。. ドギー・クルーガー どぎーくるーがー.
  • ジャスミン「ヒカル!ヒカル!しっかり!」 ヒカル「う…茉莉さん…すいません…!?あれは…」 ジャスミン「民間人ならともかく!私を庇って戦闘不能なんて、タスクフォース失格よ!私達には仲間がいるわ」 ヒカル「そうでした…」 アブレラ「く!ポンコツのロートルどもがぁ!礼紋と、シルバーをやれ!メカ人間!」 バン「ポンコツのロートルとは言ってくれるじゃないか!エマージェンシー!デカファイヤー!」 ホージー「俺達がポンコツロートルなら、アブレラ、お前は過去の亡霊じゃないか?ベイベー。エマージェンシー!マスターブルー!」 センチャン「ポンコツロートルかどうか試してみな。エマージェンシー!マスターグリーン」 ウメコ「おばさんなんて言わせないわよ!エマージェンシー!マスターピンク!」 テツ「大ベテランの力味わってみな!エマージェンシー!マスターブレイク!」 ジャスミンとヒカルに襲い掛かるメカ人間達をバン達がカットする。 バン「行けるか!?ヒカル!」 ヒカル「バンさんに言われたら、行けないって言えないですよ!」 バン「なら、チェンジしろ!行くぜ」 ジャスミン「なるへそ…タスクフォース行きはバンに言われたのね」 ヒカル「ええ…茉莉さんの側にいなくても、守ることはできるだろうと…」 ジャスミン「あのバンがねぇ…」 バン「あのって何だ!あのって!ジャスミンもチェンジしろ!」 ウメコ「あ、忘れてた。ジャスミン!はい、これっ」 と、ウメコがジャスミンにSPライセンスを投げてよこした。 ジャスミン「え?これって…」 受け取ったSPライセンスは、アリサのものだった。 ウメコ「新型デカスーツが間に合わないみたいで、子供達のライセンスを特別に使わせてもらうことにしたの」 ジャスミン「そう…あの子のライセンスか…よし!どーんと行ってみよう!エマージェンシー!マスターイエロー!」 ヒカル「借りはきっちり利子つけて返してやる!エマージェンシー!デカシルバータスクフォース!」 バン「よし…みんな揃ったな!」 アブレラ「ふん!もうすぐきさまらは消えるのさ!超重機でな」 バン「さあアブレラ!決着をつけようぜ!」.

みんなのつぶやき作品

mixiユーザー 年05月27日 コモド 映画. 翌日早く。 ファイヤースクワッドの指名手配を受けているアリエナイザーが怪重機に乗って現れたとの知らせを受けたデカレンジャー達。 ホージー「デカマシンででるぞ!みんな!」 「ロジャー!!」 セージ「俺達も行こう!」 ホージー「何?相手は今の時代の敵だぞ、セージ!」 セージ「このタイミングでファイヤースクワッドに指名手配を受けているアリエナイザーが地球に逃げてくるなんて、アンビリーバボーです!父さん!」 ソウ「アブレラが呼び寄せたに違いありませんよ!」 ダン「クルーガー署長!パト借ります!いこうぜ!アリサ」 アリサ「ロジャー!!ダン」 ソウ「よし!サクラ!」 サクラ「ロジャー!兄さん」 セージ「マシンハスキー使わせてもらいます!父さん!」 ジャスミン「張り切ってるのう…子供達よ」 テツ「何呑気な事を!ジャスミンさん」 セン「デカレンジャーロボで行こう」 署員「怪重機!デカベースに向かってきます!」 ウメコ「ああーん!やっぱりサクラちゃん達の言う通りだぁ」 ドギー「今デカベースを攻撃されたら今までの復旧作業が無駄になる!なんとしても阻止するんだ!」 ダンとアリサがマシンドーベルマン、ソウちゃんとサクラがマシンブル、セージがマシンハスキーに乗り、出動する。 彼等にはかなり旧式のマシンではあるが、教習で乗っていたマシンの為、問題はない。 ソウ「よく整備されてる…」 サクラ「お母さんの香りがする…」 ダン「…ジャスミンさんには父親の事話したか?アリサ」 アリサ「いいえ。話さなくても、私の父親は誰かわかっていたわ」 ダン「そうか…未来のジャスミンさんの言った通りか…」 アリサ「ただ、私がイケナイ恋の子供かもしれないって気にしてた」 ダン「イケナイ恋?何だそれ」 アリサ「不倫ってこと」 エクシーズ 次元 サクラは呆れたようにため息をつく。 アリサ「妻子ある人の子供じゃないかってこと!」 ダン「いや、それは違うだろ」 アリサ「だから!それが説明できないんじゃない!私とダンは腹違いの兄妹だって!」 ダン「特に…この時代の父さんには言えない…よな」 アリサ「母さんはとりあえず、不倫の子供じゃないって信じてくれたと思うけど…お父さんには絶対言えない。お父さんにもきつく頼まれたし」 ダン「俺も頼まれた…」.

トップ つぶやき トピック イベント アンケート. ガイ『ちくしょう!聞こえてる!ジャスミンさん!聞こえてるんだ!』 ジャスミンの声 『絶対救ってみせる…ガイは…地球署のメンバーなんだから…私の命に替えても…』 ガイ『馬鹿なこと言うな!ジャスミンさん!ちくしょう…何で…惚れた女性に刃を向けるなんて!ジャスミンさん!ジャスミンさーーーーん!』 ジャスミン『!?聞こえた!ガイの声が』 大『闇のオーラが弱まっているんだ!畳み込め!』 バン達がガイを攻撃、反撃を受けながら、ダークギャバンを怯ませる。 大『許せ!ガイ坊!…シャイダーブルーフラッシュ!!』 シャイダーの必殺技がガイに炸裂。 ダークギャバンは大きく体勢を崩す。 ジャスミン『 ガイ…これでダメなら… 行くわよ!』 ジャスミンはありったけのエスパー力をレーザーブレードに籠めた。刀身が虹色に輝く。 大『 これでダメなら…ガイ坊を倒してしまうしかない…デカイエローもただではすむまい… 』 ジャスミン『はぁぁぁ…』 ガイ『ちくしょう…ジャスミンさん!俺自身が情けない…情けないぜ…』 ジャスミンの声 『この…大馬鹿者!嘆いてないで…嘆いてないで、あなたの正義のデカ魂を燃やしなさいよっ!!』 ガイ『デカ魂…』 ジャスミンの声 『あなたは死ぬ程忙しい地球署に志願してきたくせに!これくらいの事で諦めるつもり?地球署の私達はどんな時も、どんな状況でも決して諦めない!』 ガイ『………』 ジャスミンの声 『何よ…せっかく…好きになってあげようと思っていたのに…』 ガイ『!?』 ジャスミン『はぁぁぁ…ジャスミン…イエローフラッシュ!!』 大『オオッ!やるねぇ…』 ジャスミンとダークギャバンのレーザーブレードが交錯し、動きが止まる。 バン『ジャスミン!?』 ウメコ『ジャス…ミン?』ジャスミンの変身が解け、ゆっくり前のめりに倒れていく。 ガイはそのまま仁王立ちで呆然としたまま、レーザーブレードを下ろした。 センちゃんとテツがジャスミンを抱き抱えた。 センちゃん『ジャスミン!しっかりしろ』 ジャスミン『うう…』 テツ『…ちくしょう…ジャスミンさん…ガイ…許さない…許さないぞ』 ウメコが震えている。 ウメコ『わああああっ』 叫びながらガイに突撃するホージー『待て!ウメコ!』 ウメコ『!?』 ダークギャバンの闇のオーラが消えていく。.

mixiユーザー ログイン してコメントしよう!. 変身が解除される程のダメージを受け、倒れて動けないデカレンジャー達。 闇のオーラに支配された一条寺凱、ダークギャバンがとどめをささんと、接近してくる。 バン『クソッ!!チェンジにはまだ時間が…』 ジャスミンの様子がおかしい。 ジャスミン『……うっ…』 ウメコ『ジャスミン!?また!?』 ジャスミン『……ううん…もう平気よ…』ジャスミンが立ち上がった。 ホージー『ジャ、ジャスミン…どうした』 ジャスミン『…聞こえるわ…』 センちゃん『聞こえる?』 ガイがジャスミンに目標を変えた。 エビ中 サクラゴーラウンド テツ『生身であんな攻撃受けたら!?ジャスミン…さん!!』 ジャスミン『…聞こえる…ガイの声が…』 バン『?』 ジャスミン『彼は…戦っているわ…闇の心と…必死に抗ってる…』 ホージー『ジャスミン!!逃げろーーー!!』 ジャスミン『聞こえる?ガイ!』 ガイがジャスミンの言葉に立ち止まる。 センちゃん『!?』 しかし、一瞬立ち止まっただけで再び接近してくるガイ。 ジャスミン『…負けないで…闇の力なんかに…』 ダークギャバンの手にサーベルが握られる。 バン『!?野郎!ジャスミン!!何やってるんだ!逃げろ!ジャスミン!!』 ダークギャバンがサーベルをジャスミンに振りかぶる。 ウメコ『…くっ!!』思わず目を背けるウメコ。 耳鳴り 左耳 占い ジャスミンに当たる寸前でサーベルが止まる。 テツ『えっ!?』 アヤツール『むう!?ソウルシステムは完璧の筈!あの女…凄まじいエスパー力…しかし…』 ジャスミン『ガイ…聞こえているわね?負けないで…あなたは…偉大な宇宙刑事ギャバンの息子…そして…宇宙警察地球署の…』 ガイ『……ぐおあああああっ』サーベルを振りかざしジャスミンに振り下ろす。 ジャスミン『!?』 バン『ジャスミーーーン!!』.

… …… …… … …… … ……… …… …… … …… … …… ……. …… …… … … …… … …… デカレンジャー バン 小説. 恋愛 バトル アニメ. …… …… …… … …… ……… ……… … …… …………… ……… .

妄想小説を読む館のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

新規登録(無料) ログイン パスワード・メールアドレスを忘れた方 画像選択の画面が表示されたら?. mixiについて 利用規約 お問い合わせ mixiゲーム mixiコミュニティ イベント mixiニュース mixiワード モンスト 子供の写真・動画を共有 美容室予約 運営会社 プライバシーポリシー 健全化の取り組み 開発者向け情報 人材募集 転職サイト. スワン『90%!!もう少しよ!』 ナグルケールとブラストバギーに乗ったマリー=ゴールドがデカベースロボのヴォルカニックバスターのチャージの時間稼ぎの為、宇宙怪獣を牽制する。 ナグルケール『まだか!もう防ぎきれんぞ!』 マリー『聞こえるかしら?ケリマ』 ナグルケール『なんだ?』 マリー『ボルカニックバスターで宇宙怪獣のコアが現れたら、再生するまえに、私が時間を止めるわ。その間に、コアを破壊して!』 ナグルケール『時間を止める?成る程な…』 マリー『でも、止められるのは一瞬だけ!約一秒間!』 ナグルケール『充分だ!』その時、宇宙怪獣のブレスがデカベースロボを襲う。 ボス『!?』 デカベースロボの右腕部分が消滅する。 スワン『%!!』 ボス『フルパワー!ボルカニックバスターァァァァ』ナグルケールに気を取られた宇宙怪獣。 宇宙怪獣『ウウウウウーーー』奇妙な鳴き声をあげ、消滅していく宇宙怪獣。 だが、コアだけは光を放ち、消滅しない。 コアだけになった宇宙怪獣。再生しようとするコアの時間を止めたマリー。 その一瞬にナグルケールが渾身のパンチを撃ち込み、コアを破壊した。 ボス『やったぞ!』 デカベースロボが機能停止した。 コート『!?宇宙怪獣を…ケリマさん…この代償は高くつきますよ…』 ナグルケール『……』 ボス『!?』 ナグルケールが機能停止したデカベースロボに迫る。ブラストバギーがナグルケールを攻撃するが、パンチを浴び、大破してしまう。 マリー『きゃああああっ……』 ボス『マリー!?マリー!?』 スワン『マリー!!』 マリー『………』.

… …… …… … …… … ……… …… …… … …… 月黒野営テーブル …… ……. ………. mixi. … ……… ….

イイネ! コメント. イイネ! コメント. ジャスミン「ヒカル!ヒカル!しっかり!」 ヒカル「う…茉莉さん…すいません…!?あれは…」 ジャスミン「民間人ならともかく!私を庇って戦闘不能なんて、タスクフォース失格よ!私達には仲間がいるわ」 ヒカル「そうでした…」 アブレラ「く!ポンコツのロートルどもがぁ!礼紋と、シルバーをやれ!メカ人間!」 バン「ポンコツのロートルとは言ってくれるじゃないか!エマージェンシー!デカファイヤー!」 ホージー「俺達がポンコツロートルなら、アブレラ、お前は過去の亡霊じゃないか?ベイベー。エマージェンシー!マスターブルー!」 センチャン「ポンコツロートルかどうか試してみな。エマージェンシー!マスターグリーン」 ウメコ「おばさんなんて言わせないわよ!エマージェンシー!マスターピンク!」 テツ「大ベテランの力味わってみな!エマージェンシー!マスターブレイク!」 ジャスミンとヒカルに襲い掛かるメカ人間達をバン達がカットする。 バン「行けるか!?ヒカル!」 ヒカル「バンさんに言われたら、行けないって言えないですよ!」 バン「なら、チェンジしろ!行くぜ」 ジャスミン「なるへそ…タスクフォース行きはバンに言われたのね」 ヒカル「ええ…茉莉さんの側にいなくても、守ることはできるだろうと…」 ジャスミン「あのバンがねぇ…」 バン「あのって何だ!あのって!ジャスミンもチェンジしろ!」 ウメコ「あ、忘れてた。ジャスミン!はい、これっ」 ハイキュー 研磨 bl ジャスミン「え?これって…」 受け取ったSPライセンスは、アリサのものだった。 ウメコ「新型デカスーツが間に合わないみたいで、子供達のライセンスを特別に使わせてもらうことにしたの」 ジャスミン「そう…あの子のライセンスか…よし!どーんと行ってみよう!エマージェンシー!マスターイエロー!」 ヒカル「借りはきっちり利子つけて返してやる!エマージェンシー!デカシルバータスクフォース!」 バン「よし…みんな揃ったな!」 アブレラ「ふん!もうすぐきさまらは消えるのさ!超重機でな」 バン「さあアブレラ!決着をつけようぜ!」.

目次 [ 非表示 ]. を構え、隙を狙っていた。 アリサ「ダン、少し待って…」 アリサはダンの心臓付近に手を翳し、目を閉じる。 ヒーリングによって、ダンの傷と体力がみるみる回復していく。 アリサ「念のため、ヒカルさんのエスパーエネルギーを充填していてよかったわ…」 ダン「何度目だ?アリサにヒーリングされるの」 アリサ「さあねぇ?毎度毎度の事ですから…よし!」 ダン「ほんと、ジャスミンにそっくりだな…アリサ」 アリサ「ダンだって、父親そっくりじゃない」 立ち上がったダンはスワットモード、ファイヤーブラスト! ダンのデカレッドはスワットモードのレッド専用装備ブラストマグナムとブラストアーマーを装備した。 ダン「おっしゃあ!DリボルバーMARK?

コメント

…… … … … …… … … …… … ポイントカードお餅ですか … … … … …… …… …… …… … … …. … 04 … … … … … デカレンジャー バン 小説 … ……… … …… ……… … … …. … …… ………… …… … … …… ……. 40 1 2. …………… … … … 04 04 04 ……. … デカレンジャー バン 小説 …… …………… …… …… ………… …….

演: さいねい龍二 (本名及び旧芸名:載寧龍二) 物語初めに地球署にやってきた新米刑事。あだ名はバン。 デカレッド に変身する。 双子座 の B型 。 四字熟語が口癖だが時々おかしいものもある。嫌いな食べ物は梅干し。 どんな時でも「 正義は絶対勝つ 」と信じて疑わないほど兎に角ポジティブで熱く破天荒な男であり、刑事学校時代では問題児だったが、 ドギー に見出されて地球署にきてからは持ち前の勘と行動力で活躍している 第1話でスカラベーダーを追跡中にチャンベーナ星の教会を倒壊させた為、教官ポルポからクビを言い渡されるも、その熱さがドギーの目に止まったらしく、そのまま地球署所属となった 。 そして彼の破天荒ぶりは 組織の堅苦しい枠組みを吹っ飛ばし、周りのハートに火を付ける『火の玉』 テニプリ ダビデ 由来 しかし、それが命令違反を犯す事もしばしばあり、地球署配属後に逮捕を命じられていた バーツロイド を周囲の制止も聞かずに撃破、ぶっつけ本番で デカレンジャーロボ への合体を実行するなど周囲から反感を買う事もあったが、彼の熱血さを理解しているドギーからは大目に見られる事もあって、次第に打ち解けて行った 特に穏やかなセンちゃんとはすぐ打ち解けた 。 本人曰く「本番で真価を発揮するタイプ」との事で訓練でミスを犯しても「人間にはミスをする時もある」とポジティブシンキングを貫いている。これにはミスをしてばかりの自分だからこそ、ミスした事をいつまでも悩んでいるより行動に移した方がいいという彼なりの考えに基づくものである この為、序盤ではセンちゃんの天然で落ち着き払った態度に苛立った事があったが、彼の力量を認めると謝罪をするという素直さを見せた 。 ホージーを相棒と呼ぶが、彼からは「相棒って言うな!

パスワード・メールアドレスを忘れた方 画像選択の画面が表示されたら?. イイネ! コメント.

10yearsafter. … ……… …… … … …… …… …? ……… … ……… ………… …… .


Facebook
Twitter
コメント
Sakiya 16.08.2021 05:00 答える

ファイヤーバードを先頭に、パトウィングが隊列を組む。 全員『新特捜合体!!』 パトウィングが変形、合体し、最後にファイヤーバードが合体した。 全員『ビルドアップ!!デカフェニックスロボ!!』 バン『うおー!すげぇ!』 ホージー『スワンさん、グッジョブ!』 テツとリサのデカハーレーも変形する! テツ&リサ『特捜変形!!ビルドアップ!!デカハーレーロボ!!』 ドルギランとグランドバース、バビロス、デカフェニックスロボ、デカハーレーロボの総攻撃を受けるカンライデンロボ。 しかし! 攻撃をことごとく跳ね返す。 バン『何だよ!全く効かねえ!』 コート『フハハハハ!馬鹿め!!対宇宙怪獣用に建造されたこの鑑がおもちゃみたいなガラクタに傷ひとつつくものか!』 バビロス号 アニー『みなさん!カンライデンの右足関節部分に装甲の薄い部分をみつけたわ!』 烈『よし…電!大!おもちゃのガラクタかどうか…奴にみせてやろうぜ!』 電『対宇宙怪獣用の戦闘マシンはカンライデンだけじゃないのさ!』 大『宇宙怪獣用の秘密兵器だったけどね…仕方ないですか…』 烈・電・大『超次元合体!!』 ドルギラン、グランドバース、バビロスが変形分離、合体を始める。 ジャスミン『オーノー!!くりびつてんぎょう!』 バン『す、すげえ…』 烈・電・大『ビルドアップ!!宇宙刑事ロボ、ドルグランドバビロス!!』 カンライデンに匹敵する巨大なロボが地鳴りとともに大地に降り立った。 コート『馬鹿な…宇宙警察も対宇宙怪獣用のマシンを!!』 烈『当たり前だ!!こっちには宇宙一の天才がいるんでね!』 スワン『じゃ、こちらも奥の手よ!』.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 qlquest.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.