リリンプラジナー

発行者: 22.09.2021

オラトリオタングラム 発売後、模型誌「電撃ホビーマガジン」で連載されたDr. 電脳暦 2.

騎士団はそれまでの特権的な待遇をはく奪された上、強制的に「金稼ぎのための兵士」とされたことで団員たちのモラルやモチベーションも大きく低下してしまった。 それでも多くの団員は粛々とシャドウ討伐任務を継続していたが、一部には現状に不満を抱き、騎士としての矜持を捨てて傭兵へと転向する団員が出てきた。. 性格はバスケス同様にテンプレ的な騎士のそれだが、あちらよりはやや物腰が柔らかく、そしてより 脳筋 スポーツマンタイプ。 1つの騎士隊の筆頭を任されているだけあって騎士団でも有数の実力者だが、それ以上に 団長リリン・プラジナーの信奉者 として有名。 リリンが団長の座を追われた後でも、 「リリン様こそがただ一人の総帥である」 と公言してはばからず、彼女への協力も惜しまなかった。 マーズでは本来の任務を離れてMARZ捜査官の支援を行うという、白騎士として非常にきわどい行いをしているが、これもリリンの意を受けてのことだったらしい。. 電脳暦の世界において常軌を逸した業績を成し遂げたものは少なくないが、中でもアイザーマン博士が際立った異才を有する点については衆目の一致するところである。 博士のプロフィールは公開されているものの、あらゆる階層においてリアルタイムで書き換えが行なわれており、特にVC98年以前についてはまったく信頼に値しない。一般には、VC90年代、おそらく0プラント解体時に野に下った研究スタッフの1人ではないかと推測されている。並立三躯連環体とよばれる特殊な存在形態を採用しており、性別も人格も言動も安定しない、極めてエキセントリックな人物である。三躯の相互リンクにおいて雌体(Y、R)の比重が大きくなると、可変体Zは女性の形をとることが多くなるが、決してその限りではなく、しばしば男性形へも変態する。雌雄が混在することもある。また、容姿は変化しないまま、言動面での性別が切り替わることもあり、特に何かに夢中になって負荷が高くなると、外見と内面の乖離が激しくなる。そもそも連環体の場合、個々の肉体に基づくパーソナリティは重視されないわけだが、そのままだと対人コミュニケーションに支障がでる場合も多々ある。そこで、特に生体間での対話が求められる場合は、便宜上スポークスマン設定された1体(主にZ体)が担当することになっている。.

Vコンバータ以外の高性能化にもぬかりはなく、例えば第三世代型テムジンの高い運動性を支える独自機構「オーバル・コア・モジュール」が1割以上増設されている。 これは機体のスケルトン(フレーム)の結節点に組み込まれた、機体の運動制御コ・プロセッサの一種で、この増設によって運動性はさらに向上している。. VRパイロットしては最古参の一人である歴戦のパイロットで、オーバーテクノロジー研究の初期段階からテストパイロットとして開発に関わっていた。 「第一回BBBユニット起動事故」から奇跡的に生還したり、初めてシャドウVRと戦ってこれに打ち勝ったりと、その経歴はほとんど伝説的な事件で彩られている。. そして地球圏最大の企業国家であるFRが採算度外視で予算をつぎ込んでいるだけあって、その強さはまさしく別格。 装備・人員・権限・情報など、あらゆる面で営利軍隊とは隔絶した超高レベルを誇り、規模こそ1艦隊ながら名実ともに地球圏最高の軍事力とみなされている。.

シャドウ化したVRは機体が 黒く変色 し、破壊衝動に突き動かされているかのような自律行動 暴走 状態となり、あらゆるものに対して敵意を向け、手当たり次第に攻撃してくる。 さらに厄介なことに、シャドウVRとはいわば 「パイロットとVRが究極的にリンクした状態」 であるため、変異前に比べて戦闘性能が劇的に向上する。 シャドウVRの「汚染度」、つまりシャドウ化の程度には個体によって差があり、 汚染度の高い個体になるとその戦闘性能は最早常軌を逸した域に達する 。.

RP FR. リリンプラジナー CIS V VCISDN OT DN VC86 0 V. VC98VC900YRZZ. 5FR 6SMSM MARZ .

プラジナー親子やアイザーマン博士程の 変態 天才的なエポックメイカーではないが、非常に優秀な技官であり、二代目白騎士たるVR、MARZの決戦兵器MZVJなど、多くの名機の開発にあたって主導的な役割を果たしている。. だがその後リフォーの思惑に反してVR市場は活性化し、リフォーもまたVRビジネスに積極的に参加するようになったため、地球圏ではVRの運用数が大きく増加した。 これに伴ってシャドウVRの出現数も増大したため、白虹騎士団も新型機VRの導入などの戦力強化が図られた。. ダイモンの影

リバース・コンバート現象 ほとんど首無しニック 役者  VC92年、0プラントのスタッフが気まぐれに、廃棄Vディスクに2次情報を上書きし、新しいコンバータ用ボックス・フレームにセットしてみた。最初は何も起きなかったが、自身のバーチャロン・ポジティブにあわせて負荷を段階的に上げてみたところ、突然、Vコンバータが高い活性状態に移行した。激しい自律放熱反応と共に、自らの周囲に構造物を実体化させたのである。それは、BBBユニット起動実験の際に用いられた仮設コクピットであり、スタッフが戯れにVディスクに上書きした2次情報でもあった。 画期的な発見だった。Vディスクに2次情報を上書きしてVコンバータに組みこむと、それに対応する物体を自らの周囲に実体化させるのだ。人々はこれを、「Vコンバータの自己再構成に伴うリバース・コンバート現象」、略してリバース・コンバートと呼んだ。 リバース・コンバートの応用が検討された際、Vコンバータ制御OSがMSBSであることから、かつてXMUプロジェクトで計画されていた巨大人型ロボットの機体データを使用する提案がなされた。これは早速実行に移され、実験は成功する。 それは奇跡的な瞬間だった。既存技術ではなしえなかったものが、ムーンゲート由来のOTによって実現したのである。巨大人型兵器を切望する妄執が物理的制約から解き放たれ、仮初めの姿として眼前にたち現れた時、人々はその幻像を バーチャロイド(VR) と呼ぶことに躊躇いを感じなかった。 リバース・コンバートのシーケンス・イメージ Vディスクに適切な情報を上書きして組みこむと、Vコンバータはそれに対応する物体を、自らの周囲に実体化させる。これがリバース・コンバートの基本シーケンスである。Vコンバータ制御OS(MSBS)が、巨大人型有人兵器専用に特化していたため、実体化も、それに準じたものに限定される。.

様変わりしたプロジェクトは第2次Vプロジェクトと命名され、統括責任者に就任したアンベルは、VRの販売をVCa0年に開始すべく、精力的に活動した。実際、当時の彼がVRに対して高い関心を抱いていたことは確かのようである 。 ところがVC9c年、アステロイド帯でVR「アイス・ドール(オリジナル・エンジェラン)」が発見されると、アンベルの態度は一変する。彼は、アイス・ドールとの対話を通じて、攻性結晶構造体の存在を知り、特にその核となるVクリスタルに強い興味を示した。フリー・ラジカルと呼ばれるそれは、地球や月で発見されたものに比べて桁違いのポテンシャルを有しており、仮に十分な量を確保できれば、これを用いてまったく新しい形のエネルギー利用法を確立しうる。そこからもたらされる富の大きさに気づいたアンベルは、他のオーバーロードに先駆けてこれを我が物とすべく、密かに行動を起こした。反面、Vプロジェクトの方はないがしろになり、結果、VC9f年末、彼と反目するトリストラム・リフォーによって、その存在の依りどころとなる根源データ群をことごとく破壊されてしまう。.

特に対シャドウ任務の最前線にいる白虹騎士団の隊員、通称 「白騎士」 達は、元々技量・人格共に最高の人材が選抜されている上、過酷な対シャドウ戦でさらに研鑽をつんだことで、その実力はもはや「超人的」とすら称されるレベルに到達している。. 幻像結晶拘束体ブラットス Vクリスタル質には 「活性状態におかれると、周囲の人間の精神と交感し、これをクリスタル内で 模倣 エミュレート する」 という性質があり、パイロットはこの性質を利用してVRを操作している。 しかしこの交感が行き過ぎてしまうと、パイロットの精神が(場合によっては肉体ごと)クリスタルに閉じ込められてしまうという現象が発生する。 これがバーチャロン現象で、軽症なら短時間の意識喪失で済むが重度になると記憶を失ったり、最悪の場合精神が永遠に閉じ込められたまま帰ってこれず植物状態に…つまり 事実上死んでしまう ことすらある。 もちろん対策としてVコンバータの活性化に対しリミッターをかけてはいるのだが、逆に言えばその程度の対策しかなく、そのリミッターの能力すら超えて活性化してしまう事態が往々にして起こりうる。.

逆に汚染度の低い個体なら一般の商用VRでもある程度の抵抗は不可能ではないが、しかしこの場合はまた別の問題が発生する。 シャドウVRには外部に対する一種の侵食作用があり、これと対峙したVRパイロットは憎悪、怨嗟、敵意、混沌といった負の感情を精神の奥底から強く引きずり出される。 そう、シャドウVRを相手にしても簡単にはやられないようなパイロットの場合、今度は逆に 自身がシャドウVRへと変異してしまう 危険性があるのだ。.

  • 第2次Vプロジェクト
  • 戦闘バーチャロイドの誕生 9.

Kutuya VR VR Virtual-on VR リリンプラジナー. YZRYRZ YZROne Man RescueP. MARZ MARZ. VR .

せっかく出すんなら 真の性能 を見せてほしかった気もするが、設定から考えると速度はオラタンテムジンの 10倍 とか余裕で越えてそうなので、 人間操作じゃとても制御できなそう である。. ガラヤカの真実 火星戦線ニ異状アリ

OTVC9fCIS. VR. MSBSver5 Mk. VR .

反攻への模索 アダックスは出鼻をくじかれた。 火星圏 に足を運んでみると、そこにはすでにVRがいたのである。しかも、第2世代型では実用化が困難だった定位リバース・コンバートを自在にこなす、ある意味、地球圏の技術レベルを凌駕する機体が、当たり前のように活動していた。当の機体はYZR マイザー39と呼ばれ、アイザーマン博士が独自に開発したものだった。 博士は、かつて火星でマーズ・クリスタルの鉱滓ブラックベリーを発見した折、 マージナル(Marsinal) と接触していた。マージナルとは、前暦の火星テラ・フォーミング事業の際に入植し、その中止に伴って置き去りにされた者たちの末裔である。余儀なくされた孤立から、彼らは独自の生活形態を築き上げ、地球圏との関わりを極力避けてきた。だが、博士は受け入れられ、そのエキセントリックな性格にも関わらず丁重に扱われた。博士はその恩義に報いる。彼が開発したVRの定位リバース・コンバート機能は、同時期に地球圏でリリースされたYZR(RVR)サイファーでは非実装だったが、マイザー39では標準装備となり、本機はマージナルにのみ販売された。 この件についてFRが関知していないはずはなく、実際、VCa3年の段階である程度のことは把握していたようである。しかし地球圏外ということもあって彼らは不干渉の姿勢をとり、情報を明らかにはしなかった。マージナル側も、マイザー39を火星圏内での実務的運用に限定し、ことさら存在を明らかにしようとはしなかった。このため、予備調査の段階でアダックスがこれを知る機会はなかったのである。 YZR 野球 マスコット 一覧 マイザー系VRは、火星圏での運用を前提に開発が進められた。可変機構(上図参照)と定位リバース・コンバート・システムを両備する画期的な機体である。.

だがその後リフォーの思惑に反してVR市場は活性化し、リフォーもまたVRビジネスに積極的に参加するようになったため、地球圏ではVRの運用数が大きく増加した。 これに伴ってシャドウVRの出現数も増大したため、白虹騎士団も新型機VRの導入などの戦力強化が図られた。. ぺネトレーター コロンビアのポーズ怪物くん つまりこのテムジンは騎士団用VRの試作機であると同時に、商用のMBV試作機でもある。.

  • 父親のプラセンジット・プラジナー博士は、テクノクラートのレイヤー最上層G16に属する人物で、ムーンゲート発掘時には請われてDN社に籍を置いた。その後、第1次Vプロジェクトでは中心人物として要職を担い、主に0プラントで活躍したが、娘のリリンが物心つく前に失踪した。 身寄りのない幼女はリフォー家に引き取られて成長するが、その際、衛者の少年2人も付き随った。それぞれ蒼輝、焔輝と呼ばれた彼らは常に幼い主人の側によりそい、また年の近い者同士ということもあって絆を深めた。.
  • VR アイス・ドール/エンジェラン.
  • Vクリスタル質には 「活性状態におかれると、周囲の人間の精神と交感し、これをクリスタル内で 模倣 エミュレート する」 という性質があり、パイロットはこの性質を利用してVRを操作している。 しかしこの交感が行き過ぎてしまうと、パイロットの精神が(場合によっては肉体ごと)クリスタルに閉じ込められてしまうという現象が発生する。 これがバーチャロン現象で、軽症なら短時間の意識喪失で済むが重度になると記憶を失ったり、最悪の場合精神が永遠に閉じ込められたまま帰ってこれず植物状態に…つまり 事実上死んでしまう ことすらある。 もちろん対策としてVコンバータの活性化に対しリミッターをかけてはいるのだが、逆に言えばその程度の対策しかなく、そのリミッターの能力すら超えて活性化してしまう事態が往々にして起こりうる。.
  • 打撃艦隊フォース

FR VR 24VR. 10. YZRYRZ YZROne Man RescueP. VR VR VR 松本潤井上真央ラブラブエピソード VR V リリンプラジナー.

Vプロジェクトの本流から外された0プラントでは、一部スタッフがバーチャロン現象の徹底解明に取り組んでいた。彼らの本来の目的は、あくまでもムーンゲートの機能復元、BBBユニットの再生だったが、そこに至る前段階として、バーチャロン・ポジティブが高く、Vクリスタルとの交感精度に優れた人材を集中管理する必要性を感じていたのである。本社の承認を得ることなく活動を続ける彼らは、日陰者の意味をこめて、自らを「ザ・シャドウ」、あるいは単に「シャドウ」と呼んだ。チーム結成時の主任研究員は プラジナー博士 で、彼は、後に大きな波紋を投じる様々な研究を、この時期に手がけている。 「ザ・シャドウ」では、常に目的達成が優先され、時には手段が目的化するような逸脱もあり、多くの非人道的実験が行なわれた。その過程において、シャドウに食いつぶされた犠牲者の、狂気が蒸着したVコンバータ、ないしはそれを装備するVRが多数生まれている。本来、このようなものは早急に処分されてしかるべきだが、彼らはそれをせず、結果、シャドウは外部に拡散する。また少なくとも7機の憑依機体を隠匿し、これらを対象に、制御技術の開発を試みていた。そしてその一部は、実用の域に達していたらしい。 プラジナー博士が姿を消した後、「ザ・シャドウ」は潜伏、地下活動に専念するようになった。後年、限定戦争の現場で時折り目撃される黒塗りのVR、俗に「影」と呼ばれる機体が彼らの手になることは確実で、中でも、VCa2年の サンド・サイズ戦役 に出現した「四之影」なるテムジン系機体は、凄まじい戦闘力を発揮して注目を浴びた。 四之影 「ザ・シャドウ」は、極めて危険な存在であるシャドウ憑依機体を制御しえた可能性がある。「四之影」は、その実例として挙げられることが多い。.

しかしVCa6年になると、FR上層部での内紛が加速し、その調停役であった総帥リリン・プラジナーを退職に追い込んでしまった。 リリンは団長の職も解任されて火星へと亡命することになり、以後団長の座は空席となる。. ちなみにこのType a3では、主兵装に予定されていた武器がまだ完成していなかったため、盾型ユニット 「レディオ・スプライト」 と、多用途ランチャー 「リキッド・ディクテイター」 の 二刀流? となっている。 レディオ・スプライトは人工Vクリスタルを用いたP.

アダックスは出鼻をくじかれた。 火星圏 に足を運んでみると、そこにはすでにVRがいたのである。しかも、第2世代型では実用化が困難だった定位リバース・コンバートを自在にこなす、ある意味、地球圏の技術レベルを凌駕する機体が、当たり前のように活動していた。当の機体はYZR マイザー39と呼ばれ、アイザーマン博士が独自に開発したものだった。 博士は、かつて火星でマーズ・クリスタルの鉱滓ブラックベリーを発見した折、 マージナル(Marsinal) と接触していた。マージナルとは、前暦の火星テラ・フォーミング事業の際に入植し、その中止に伴って置き去りにされた者たちの末裔である。余儀なくされた孤立から、彼らは独自の生活形態を築き上げ、地球圏との関わりを極力避けてきた。だが、博士は受け入れられ、そのエキセントリックな性格にも関わらず丁重に扱われた。博士はその恩義に報いる。彼が開発したVRの定位リバース・コンバート機能は、同時期に地球圏でリリースされたYZR(RVR)サイファーでは非実装だったが、マイザー39では標準装備となり、本機はマージナルにのみ販売された。 この件についてFRが関知していないはずはなく、実際、VCa3年の段階である程度のことは把握していたようである。しかし地球圏外ということもあって彼らは不干渉の姿勢をとり、情報を明らかにはしなかった。マージナル側も、マイザー39を火星圏内での実務的運用に限定し、ことさら存在を明らかにしようとはしなかった。このため、予備調査の段階でアダックスがこれを知る機会はなかったのである。 氷室等 身長 マイザー マイザー系VRは、火星圏での運用を前提に開発が進められた。可変機構(上図参照)と定位リバース・コンバート・システムを両備する画期的な機体である。.

VRVR .


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 qlquest.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.