日本 海軍 カタパルト

発行者: 19.09.2021

詳細は「 電磁式カタパルト 」を参照. 蒸気カタパルトは艦艇推進機関のボイラーからの高圧 水蒸気 を圧力タンクに貯めておき、航空機の発進時に一気にシリンダー内に導いて、その圧力で内部のピストンを動かす。ピストンはシャトルと一体であり、フライト・デッキ上の溝に出ているシャトル頭部に航空機の前脚部をつなぎ強力な加速力を加える。. 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー.

ドイツ海軍 も、空母「 グラーフ・ツェッペリン 」用に空気式カタパルトと火薬式カタパルトの2種類を開発したが、「グラーフ・ツェッペリン」自体が未完成に終わった。. WW2で日本の工業はニッケル不足で日本の鋼材が強度や耐熱性が不足したとの記事を見ますが、 日本が占領した南方ではニッケル鉱石が採取出来なかったのでしょうか? それとも当時の日本には精錬技術が無かったのでニッケルを取り出せなかったのでしょうか?.

南京大虐殺は無かった、という人に聞きます。 大虐殺はあったという根拠に、当時の名を超える南京派遣軍の日本兵の証言や50冊を超えるの南院での虐殺をしたという陣中日記があり、これは第1次史料です。では、大 虐殺は無いという、日本兵の証言や陣中日記はというものはあるのですか?私の祖父も支那事変に従軍し、北満、上海、南京、武漢と転戦しましが、残念ながら証言を得ることはできませんでした。.

この質問への回答は締め切られました。 質問の本文を隠す. 陸上におけるカタパルトの使用事例としては、第二次世界大戦中の ドイツ空軍 において V-1飛行爆弾 かてきょーヒットマンリボーン 雲雀 特攻 機 桜花 の改良型(エンジンのジェットエンジン化・航続距離大幅延伸)である桜花43型の地上発進用に 千葉県 三芳村 の知恩院や 滋賀県 比叡山延暦寺 にカタパルトが設置されたがこちらは実戦には使用されなかった。 ベトナム戦争 では、 南ベトナム に展開した アメリカ海兵隊 航空部隊が、初期においてカタパルトを使用していた。.

All text is available under the terms of the GNU Free 腐兄 読み方 License. 2 2221. 3 [10] .

この回答へのお礼 いやはやk様、重ねてのご配慮、本当にすみませんです(礼)。 実はk様、以前に当方もテレビ番組(ヒストリーチャンネルだったと思います)にて、現存するF6Fの主翼折り畳み及び展開の作業を拝見致しまして、そのあまりの簡単さにびっくらこいた経験がございました(苦笑)。 しかしながらこの映像、今回賜りました皆々様からのご回答を基に考えますと、まずもって基礎工業技術の高さ、そして合理的発想。根本的にはこれら全てを要約具現化したものが、まさにあの折り畳み機構であると再認識致した次第でした。 米海軍航空母艦における様々な工夫、当方も福井静夫氏や豊田穣氏の著書にて拝見致しましたが、これら本当に徹底した合理主義の賜物でありますですね。 しかも米軍、最強の物量を誇る軍隊であります。まさにk様のお言葉通り「お金持ちと戦争してはなりませぬ」、この一言に尽きると思われる次第であります。 ちなみにk様、当方は旧海軍の批判ばかりしておる感でありますが(すみません。苦笑)、しかし旧日本海軍、この組織が強大な米英軍を相手に死力を尽くして戦った事実には、当方も深い尊敬の念を抱いております。 特に今回の質問に関連する、航空母艦や艦上機。これにおける日米機動部隊の死闘は、おそらく今後の人類の歴史において、まずはこのような戦いは生起し得ないものと考えます。 優秀な人材と装備を持つ大規模な空母艦隊同士が、互いに全く相手の見えない遥かに遠い距離から、航空機という最強の兵器を駆使して凄まじい激闘を繰り広げる。このような戦いを過去に成し得た存在は、後にも先にも旧日本海軍と米海軍のみであります。 戦争自体は実に悲惨なものであり、今後とも絶対避けねばならないことでありますが、しかしながらこのような戦いが存在した事実、これはある意味日本人として、実際に携わった方々に対し、心よりの敬意を払うものであります。 まずは戦争してはなりませぬ、これを心に強く持ちまして、以降の世の発展を祈念致す次第であります。 k様、重ねてのご配慮、誠に誠にありがとうございました(礼)。. いつでも医師に相談、gooドクター 【初月無料キャンペーン中】gooドクター. イギリス では、 商船 を敵機の攻撃から守るために、商船に1機の陸上用戦闘機のみを発射可能なカタパルト1基を装備した CAMシップ を建造した。CAMシップでは発艦した戦闘機は母艦に帰還不能で パイロット はしばしば 死亡 し、 運用 上の柔軟性もなかったことから、商船に簡易な飛行甲板を設けて空母状にした MACシップ の登場により姿を消した。MACシップにはカタパルトは装備されなかった。.

大戦中の旧海軍の空母に詳しいわけではありませんが、機械技術的見地で回答させていただきます。

現在、 リニアモーター を利用する電磁式カタパルトも開発中である。電磁式カタパルトは技術的に難度が高く大量の電力も必要となるが、蒸気式よりもさらに航空機への負担が少なく機体寿命の延長に繋がる。配管を必要としないため、艦の構造が簡易で軽量になるという利点もある。. CATOBAR STOBAR STOVL. 戦国時代の侍と中世ヨーロッパの騎士だと どちらが強いですか?.

鎌倉~戦国期について。 当時の男女の体力や筋力は そこそこありましたか?. トラックから射出される RQ-2 パイオニア. minelayer さん.

CATOBAR STOBAR STOVL. M46. Weblio .

>旧日本海軍 航空母艦用カタパルト未装備の実情

isa様、ご回答、誠に恐れ入ります。 なるほど、「必要は発明の母」でありますね。米海軍の艦載機、黎明期より伝統的にゴツイつくりのようですから、その流れを考えれば、母艦用カタパルトも当然必須だったものと思われます。 それに対して旧日本海軍、こちらは軽量の機体がこれまた伝統でありますので(苦笑)、カタパルトに対する真剣なニーズ、これは用兵側も比較的薄かったのかもしれませんですね。 それにisa様、米海軍は艦載機を相当数露天パーキングする形でありましたから、発艦の滑走距離もあまり稼げないケースが多かったようです。となると、重い機体の上にこの運用スタイルですから、やはりカタパルト前提でコトを考えていたものと思われます。 しかしながらisa様、一般的に米海軍の母艦、こちらの搭載機数は補用も含めると本当に凄い数ですよね。旧日本海軍においては零戦等で思い切り翼面荷重にこだわっておりましたが、本来母艦の艦載機(特に艦戦)というのは、数を積んでナンボだと思うのですよ。 多少の重量増大は犠牲にしても、主翼の大幅な折り畳み機構等の装備。こういった思考は特に艦上戦闘機において全くなかったようでありますね(米海軍とは真逆です)。 とにかく理想理想の追求で、防弾や実用性を軽く見た旧海軍。誠に失礼ながら当方は、米海軍の方が遥かに先見の明と広い視野を持っていた組織と思われる次第であります。 ちなみにisa様、米海軍においては、ガソリン等への引火を考慮し、当時からエレベーターも油圧式を採用していたそうです(それに対し我が国は、スパークの可能性がある電気式。思わずため息であります)。 本題の油圧式カタパルト、旧海軍においては技術面のみならず、大局的な思考においてもその価値を真剣に考慮しない環境であったものと思われました(突き詰めていくと、isa様仰るところの、軽い機体であります)。 isa様、当方これら、いままではバラバラに考えていた部分も多いのですが、今回のご回答を拝見致しまして、自分なりにそれらのパズルを組み合わせることができました(かなり強引な面もございますが。苦笑)。やはりこういった場での質問、本当に有益と改めて実感致した次第であります。 isa様、重ねて御礼、ご回答ありがとうございました!.

その他の回答(4件) ナイスの多い順 新しい順 古い順. すみません皆様、再びお手数お掛け致します(礼)。 先の当方愚問「米陸軍 M1エイブラムスに至るまでの不思議」でも少し触れましたが、表題、旧日本海軍の航空母艦における、カタパルト実用化の失敗。これは単純に、技術的な問題に起因するものでしょうか。 福井静夫氏の著書によれば、 「加賀の改造以来、多くの空母には、艦発促進装置が完成すれば、ただちにとりつけられるよう、その関連船体部工事のみは完成済みであった」 とのお話しでありました。ということは旧海軍、やはり最終的にはカタパルトの装備を視野に入れ、各航空母艦を建造していたものと思われる次第であります。 しかしながら「量」には「質」で対抗しようとしていた旧海軍、空母個艦の能力を高める上で非常に重要なこの装備を、なぜ実用化できなかったのでしょうか。ましてや小型低速の改装空母も、どうにか「使える」戦力としたかった旧海軍だけに、この辺り尚更の疑問を感じます。 当時の技術においては、「火薬式」「圧搾空気式」「油圧式」の三種が存在とのことでありますが、艦載機の大型重量化を考慮すると、その中では「油圧式」が当時最も適当というお話しであります。 ということは旧海軍、主だった水上艦艇や潜水艦では広く装備できた「火薬式」「圧搾空気式」カタパルトに対し、単純に「油圧式」装置を実現するための技術を確立できていなかったものと推察致します(というより、その頃の我が国の、油圧関連底辺技術の低さが原因と思われます)。 皆様、この辺り何かしらご存知でしたら、よろしければ諸々のご教授、何卒よろしくお願い申し上げる次第であります。 おそらくは単なる技術レベルの問題、これに尽きると思われる次第ですが(苦笑)、もしかするとその他、何か別の深い理由があったのかな?とも考えてしまいます。 皆様、お暇な時間にでも、お手数ですが、ひとつよろしくお願い申し上げます(礼)。 通報する.

私の祖父は8分の1アメリカ人の血が入っています。 なのでその孫にあたる私は32分の1アメリカ人ということになりますが、逆算するとそのアメリカ人は年頃に日本にいたことになるのですが、そんな時代に日本にアメリカ人、その他の外国人が来るようなことはあるのでしょうか? 祖父と父は顔が濃く、堀も深いですが、私はどちらかといえば濃いですが堀はそこまで深くないです。32分の1までくると薄まってもう純日本人ですよね 笑.

ID .

A 回答 6件. 陸 上においてもカタパルトを使用すれば、離陸用の 滑走路 が必要なくなる(他に ゼロ距離発進 という方法もあり、ゼロ距離発進にカタパルトを併用する場合もある)。その場での着陸を必要としない場合、カタパルトの使用は有効な手段になる。. 岩村城、日本のマチュピチュとの事で期待して行きましたが、正直。。。。 どこをみたらいいの? と、思ってしまった -人-; 本当に城も何もなかったです、石垣のみ。 あまり楽しめる場所ではなかった印象で、ただ石段がある程度で雨の日は滑りそう?でした。 特に子どもたちにとってはつまらなかったみたいで、申し訳なかったです。 スマホを連動させて当時の様子がみれるようだけど、そも電波が入りませんでした。 子どもたちの貴重な夏休みの時間を返して欲しいくらいです。 観光地としては0点、ですね。. この回答へのお礼 すみませんm-twingo様、ご配慮ありがとうございました。 ちなみにm-twingo様、先のご回答のおかげで、戦時中のガスケットやシール材に興味をもちまして、昨日図書館へ行った娘と息子に資料を探して貰いましたが、やはりこれらの詳細な記載は、ナカナカ少ないようでありますね(苦笑)。 最近こちらのカテゴリにてご質問がありました戦時中のネジ製造技術、これも先日図書館で諸々調べてみましたけれど、横須賀海軍工廠関連の資料に申し訳程度の記載があったのみでした(こちらも興味があったので、少々残念でした。苦笑)。 兵器に関する資料は世の中誠に豊富でありますが、その底辺を支えるところの各分野においては、やはりもっと手広く資料を探してみないとダメなようでありますね。 こちらまた当方、今後の楽しみとして、じっくり探したく思います。 m-twingo様、それでは失礼致します(礼)。.

gooで質問しましょう! 全カテゴリから検索 このカテゴリから検索. いやはやk様、重ねてのご配慮、本当にすみませんです(礼)。 実はk様、以前に当方もテレビ番組(ヒストリーチャンネルだったと思います)にて、現存するF6Fの主翼折り畳み及び展開の作業を拝見致しまして、そのあまりの簡単さにびっくらこいた経験がございました(苦笑)。 しかしながらこの映像、今回賜りました皆々様からのご回答を基に考えますと、まずもって基礎工業技術の高さ、そして合理的発想。根本的にはこれら全てを要約具現化したものが、まさにあの折り畳み機構であると再認識致した次第でした。 ポケモンxy ドーブル 捕獲用 しかも米軍、最強の物量を誇る軍隊であります。まさにk様のお言葉通り「お金持ちと戦争してはなりませぬ」、この一言に尽きると思われる次第であります。 ちなみにk様、当方は旧海軍の批判ばかりしておる感でありますが(すみません。苦笑)、しかし旧日本海軍、この組織が強大な米英軍を相手に死力を尽くして戦った事実には、当方も深い尊敬の念を抱いております。 特に今回の質問に関連する、航空母艦や艦上機。これにおける日米機動部隊の死闘は、おそらく今後の人類の歴史において、まずはこのような戦いは生起し得ないものと考えます。 優秀な人材と装備を持つ大規模な空母艦隊同士が、互いに全く相手の見えない遥かに遠い距離から、航空機という最強の兵器を駆使して凄まじい激闘を繰り広げる。このような戦いを過去に成し得た存在は、後にも先にも旧日本海軍と米海軍のみであります。 戦争自体は実に悲惨なものであり、今後とも絶対避けねばならないことでありますが、しかしながらこのような戦いが存在した事実、これはある意味日本人として、実際に携わった方々に対し、心よりの敬意を払うものであります。 まずは戦争してはなりませぬ、これを心に強く持ちまして、以降の世の発展を祈念致す次第であります。 k様、重ねてのご配慮、誠に誠にありがとうございました(礼)。.

Wikipedia X .

戦艦のカタパルトは火薬で水偵を載せているトロッコをはじき出すタイプです。 しかし空母のカタパルトは一味違い、圧縮空気を使って艦載機を滑走させるスチームカタパルトなので、それの開発が出来なかった、としか考えることしかできません。 無論あったとしても新型艦戦として開発された烈風は絶対小型空母から飛べません。あれより小さいアメリカのグラマンF6Fが小型空母に乗せられないからF4Uコルセアに取って代わられそうとなったほどだとか。 でももう少し早く空母と航空機の必要性を分かっていれば開発されたかもしれませんね。. この回答へのお礼 isa様、ご回答、誠に恐れ入ります。 なるほど、「必要は発明の母」でありますね。米海軍の艦載機、黎明期より伝統的にゴツイつくりのようですから、その流れを考えれば、母艦用カタパルトも当然必須だったものと思われます。 それに対して旧日本海軍、こちらは軽量の機体がこれまた伝統でありますので(苦笑)、カタパルトに対する真剣なニーズ、これは用兵側も比較的薄かったのかもしれませんですね。 それにisa様、米海軍は艦載機を相当数露天パーキングする形でありましたから、発艦の滑走距離もあまり稼げないケースが多かったようです。となると、重い機体の上にこの運用スタイルですから、やはりカタパルト前提でコトを考えていたものと思われます。 しかしながらisa様、一般的に米海軍の母艦、こちらの搭載機数は補用も含めると本当に凄い数ですよね。旧日本海軍においては零戦等で思い切り翼面荷重にこだわっておりましたが、本来母艦の艦載機(特に艦戦)というのは、数を積んでナンボだと思うのですよ。 多少の重量増大は犠牲にしても、主翼の大幅な折り畳み機構等の装備。こういった思考は特に艦上戦闘機において全くなかったようでありますね(米海軍とは真逆です)。 とにかく理想理想の追求で、防弾や実用性を軽く見た旧海軍。誠に失礼ながら当方は、米海軍の方が遥かに先見の明と広い視野を持っていた組織と思われる次第であります。 ちなみにisa様、米海軍においては、ガソリン等への引火を考慮し、当時からエレベーターも油圧式を採用していたそうです(それに対し我が国は、スパークの可能性がある電気式。思わずため息であります)。 本題の油圧式カタパルト、旧海軍においては技術面のみならず、大局的な思考においてもその価値を真剣に考慮しない環境であったものと思われました(突き詰めていくと、isa様仰るところの、軽い機体であります)。 isa様、当方これら、いままではバラバラに考えていた部分も多いのですが、今回のご回答を拝見致しまして、自分なりにそれらのパズルを組み合わせることができました(かなり強引な面もございますが。苦笑)。やはりこういった場での質問、本当に有益と改めて実感致した次第であります。 isa様、重ねて御礼、ご回答ありがとうございました!.

fallout4 近接縛り 32hamp 年4月14日 報告する 長々と書いちゃったけど、結局、ハードはソフトの「手足」だから、成功したハードには必ず上位に正しいソリューションがあるし、ソリューション無しに「流行りで」研究されたハードは、如何に性能が優れてても普及しないよなぁ、というか、そもそもソリューションがないと「性能が優れてるか判別出来ない」わけで。これを後世の別のソリューションで優劣判別しても意味無い。. 中世日本(鎌倉~戦国)の人々の体臭は 臭かったと聞きましたが本当ですか? 同時代の欧州人より不潔で臭かったの でしょうか?.

M1. tennteke 329. 11 CAM CAM MAC MAC.


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 qlquest.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.